『Majestouch専用 2色成型カスタムキーキャップセット』を購入

10/17に発売になった、ダイヤテック・FILCOブランド・Majestouch キーボードシリーズ用のキーキャップセット『Majestouch専用 2色成型カスタムキーキャップセット』4,980円、を購入してみた。

この製品の特長は、今どき珍しい2色成型である、ということ。
2色成型キーキャップといえば、30年程前まではキートップの文字刻印は「2色成形」が普通だった。文字形状を綺麗に出すには、ある程度精密な金型が必要なことや2度手間であるからコスト高なのは明かで、最近は殆ど見かけない。しかし、一種の金太郎飴構造なので、いくらキートップが摩耗しても絶対に文字消えはしない。そして、何より、この構造の場合、肉厚なことに加え、素材の複合効果による振動吸収性も生まれるから、結果的にキャップを叩いた時の振動周波数は低くなる。つまり、薄っぺらいプラスチック特有の、カチャカチャした耳障りな音が抑制される効果がある。

ということで、17日にダイヤテックからのメールマガジンで、この製品が発売されたのを知ったのだが、1日だけ考えてみたが、結局 18日に発注~19日夜に到着した。
このセットに交換するキーボードは、Majestouch FKB87MRL/EB2 という製品で、CHERRY MXスイッチ・赤軸 タイプを使用したもの。
キーボードの感触の好みは人ぞれぞれで、私の場合は、長いキーストローク、クリック感がなく、しかも押圧が低いものが好み、ということで、これまで20台近くも様々なキーボードを試してきたが、この赤軸タイプに行き着き、この数年はこれを使い続けている。

IMG_3565

キーキャップセットは、こんな梱包で届いた。

早速、標準のキートップを外して、ついでに溜まった埃の掃除を行ってから、カスタムキーキャップに取り替えた。

IMG_3576

因みに、オンラインショップ限定・“Majestouch専用104英語配列・2色成型カスタムキーキャップセット”は、テンキー付き 104タイプ。交換対象のキーボードはテンキーレスなので、テンキー部のキーセットが余ってしまうが、まぁ仕方がない。

従来のキーキャップとの形状違い、高さの違いはこんな感じ。

IMG_3574

「E」だけ取り替えてみたときの様子。

IMG_3575

●打音の変化
文字で表現するのは少々難しいが、打音の音量は明かに抑えめになり、その高さもコポコポと低いものになったのは確かだ。そして、キーキャップタッチ時に発生するカチャカチャした音がなくなり、キーの底突き時にベースプレートやケースから発生する低い音のみになった。

●タイピングの快適さ
キーを真上から打つタイプの人には、キーキャップの振動がないため、タイピング感触が大幅に向上すると思う。
ただ、「すり鉢状のキートップ面」形状によって隣接キーから流れるようなタイピングはやや難しく、人によっては指が引っ掛かってしまうかもしれない。
キートップは、実測では3mmほど高くなっただけなのだが、実際の打鍵感覚ではもっと大きく感じる。キーを真上から打つ姿勢を長時間保つにはリストレストが必要かもしれない。試しにリストレストを置いてみると、いきなりタイピングがしやすくなった。

ということで、ここまで、新しいキーキャップを使ってタイピングをしたのだが、とても良い感触だ。キーを打つのが楽しくなる、なんというか久しぶりの打鍵感。ふと、いにしえのMacintosh PlusのM0110 キーボードの感触を思い出した。

IMG_3583

やーいい商品を発売してくれた、ダイヤテックさん。今回は自宅のキーキャップを換装したが、売り切れにならないうちに、仕事用も早速注文しよう。
そうそう、どうせなら、テンキーレス用のキャップセットも販売してくれたらなぁ。

Macintosh SE/30 の修理

先日ヤフオクで入手した Macintosh SE/30。 出品者の説明では「電源が入らない」、というものであったが、なぜか無事に起動する。しかし、起動音がなるタイミングが遅い。これはおそらく有名な、電解コンデンサの液漏れに違いない。

ということで早速ロジックボードを取り出してみると…

SE/30 ロジックボード・清掃前

SE/30 ロジックボード・清掃前

ホコリも盛大に乗っているが、製造から20年近くが経過したSMDタイプの電解コンデンサは、やはり全てが液漏れを起こしていた。

SE/30 ロジックボード・コンデンサの液漏れ

SE/30 ロジックボード・コンデンサの液漏れ

SE/30の電解コンデンサ交換は少々面倒ではあるけど、実際に作業を始めると1時間程度で終わってしまう。とは言え、パターン剥がれなどのアクシデントに陥らないよう気を遣うので、あまりやりたくはない。なにより、電解液がハンダゴテで暖められたときの妙な臭いは嗅ぎたくないから、つい気が重くなる………が!部品のストックがない訳じゃないし、放置しておけば回路が酸化してボードが死んでしまうのは確実なので、閉めて11個の交換に着手。フラックスクリーナとIPAを使って清掃し、 ハンダゴテ2本、電動半田吸い取り機で電解コンデンサを撤去し、パターン整地をする。

SE/30 電解コンデンサ撤去後

SE/30 電解コンデンサ撤去後

SE/30 電解コンデンサ撤去後・サウンド出力周辺

SE/30 電解コンデンサ撤去後・サウンド出力周辺

ここまで来れば、一安心。あとは新品のコンデンサをつければ完了。

SE/30 コンデンサ交換完了。

SE/30 コンデンサ交換完了。

ということで、「人生が変わる1分間の深イイ話」の“ジャーン!”が正しく復活したのでした。

NECマイコンクラブの会員証

昔の色々な資料を探していたら、こんなものが出てきた。NECが秋葉原・ラジオ会館7Fに「Bit-INN」を開設した頃、NECマイコンクラブという、ユーザー支援を兼ねた会員組織も立ち上げたが、その会員証である。

NECマイコンクラブの会員証

当時TK-80はすぐに買えなかったが、その雰囲気だけでも知ろうと加入し、結局クラブ解散となる1986年まで続けていたように思う。

ついでに、先日閉鎖されたラジオ会館を最後に訪れた2011/6の写真から、「Bit-INN」のあった場所などを…。

元・Bit-INN

この場所に限らず、最後にはほとんどのスペースがいわゆる「ホビー系」の店になったのだが、秋葉原文化のメインストリームが大きく変化したことを象徴している。

上の写真の場所を右に向いた所。右の壁にあるのが、後に掲示された「パーソナルコンピュータ発祥の地」の記念プレート。ラジオ会館解体後、これはどうなるんだろう。

フロアは違うが、ラジオ会館ビルの特徴である、クロス型の階段室。

左側の壁にヒビの補修跡が沢山あるが、どの階もかなり修繕されていて、しかも新しい。おそらく3/11の大震災による影響。鉄筋RCビルの階段室は地震による揺れの影響を受けやすいが、これだけのヒビが入ってしまうようでは、建て替えは当然だろう。

最後に、一応お決まり構図のラジオ会館ビル正面。ラジオ会館正面

全く知らなかったのだが、8/12-14に納涼祭と称して、最後に内部が一般公開されたらしい。