たまに ELCASET。日立LoDブランドのエルカセットデッキ D-9000

Lo-D(ローディ)とは、かつて存在した日立のオーディオ向けブランドです。
このエルカセットデッキは、『D-9000』という型番です。実態はソニーの EL-7 の後期モデルを種機としたOEM製品で、エルカセットシステムの発表から1年遅れた1977年7月に発売され、価格も EL-7 と同じ 198,000円でした。
パワースイッチなどのスイッチ類の意匠がオリジナルのEL-7と大きく異なる他は、ほとんど差異がありません。
写真のように、この時期のLo-Dブランドの製品と同じデザインのスイッチ類が採用されていますが、レバー式のパワースイッチはどんなもんでしょう???
録音中に、つい引っ掛けてパワーオフとなり「あぁっっ!」となった人がきっといたのではないかと想像します。他のスイッチならともかく、パワースイッチにお手軽なレバー式を採用する心は理解できません。いわゆるフェールセーフの心が足りません。
余談ですが、この EL-7 を種機としたエルカセットデッキには、E4950という型番でドイツのWEGA社(実態はソニー)からも発売されました。

エルカセットの試作機?

最近、オークションでにわかに高値がついているエルカセットですが、昔の資料の中から、こんなもの↓を見つけました。
 
 エルカセットを知っている人なら、「あぁ、SONY EL-7」とお思いでしょうが、よ~くご覧ください。微妙に違います。スイッチの数が少ない…電源スイッチの下がすかすか…なんか変ですね。
 
よく見ると、左上がSONYロゴだけで型番が“のっぺらぼ~”です。そして何よりもVUメータ下のテープセレクトSWのところが、ただのランプになっていて、エルカセットの本来仕様である、テープ種類のオートセレクト、ドルビーON/OFFのオートセレクト機に見えます。
 
たぶん、オーディオ雑誌かFM雑誌に掲載されたものかもしれませんが、自分でも変な写真だと思ったのか(記憶は全くありませんが)、ここだけ切り抜きで保存してありました。
うっすらとした記憶では、その掲載雑誌には「EL-4」として紹介された写真だったように思います。もちろん、実際のEL-4は確かにオートセレクトタイプですが、フェザータッチの操作ボタンでもなく、ドルビーのCAL機能もないもっと単純な、寂しい面構えの製品です。
 
これって、どの段階の試作機なんでしょう?

エルカセット 小さな話題 (久しぶり…)

某オークションで入手した、ELCASETロゴのネクタイピン。
今どき、ネクタイピンなんて殆ど存在価値を失っていますが、この時代は、ギフト商品としての価値もあったんでしょうね。
 
 
裏側には、“ELCASET発売記念”と書かれています。
 
 
数十年前のかすかな記憶が蘇りますが、確か、雑誌のプレゼントか何かだったんではないかなぁ~?と。
FMレコパル(これも古い!)のプレゼントに応募したような、しなかったような…。ま、今更入手している位ですから、当選しなかったんでしょうけど。
 
それにしても、システム規格ロゴをわざわざネクタイピンにする辺り、やはり気合いが入っていたんですね。
 
 

エルカセット 総合カタログ

 
1977年12月発行のカタログです。表紙はフラグシップモデルのEL-7の写真です。
 
 
中ページには、EL-7B、EL-5、EL-4、そしてデンスケタイプのEL-D8 の合計4機種が掲載されています。つまり、ソニーが発売したすべてのエルカセットが網羅されています。
その後、これら以外の製品は発売されませんでしたから(データレコーダーを除いて)、エルカセットのカタログとしては最後のものかもしれません。
 

エルカセット EL-D8 のカタログ

資料を整理していたら、なんと EL-D8 のカタログが出てきました。
良く保存していたなと自分でも感心しますが…。1977年当時で150,000円もしていたんですね。
 
 
とりあえず、表紙だけ。
 
表紙側ページを見開きで。
 
内面ページを見開きで。
 
 
 

エルカセット / ELCASET EL-D8 / 修理その1

これは以前入手していたものです。
 
某オークションの出品者説明では『電源は入るが、再生できない、テープ取り出しができない』というものでした。入りっぱなしになっているテープは“DUAD 60分”、良いじゃないですか。
 
さて、早る心を抑えて調査へ。
 
回転式の操作ノブを回すと…モーターの回転音はしますがテープが走行しません。モーター音がするので、とりあえず致命的な故障はなさそうですが、テイクアップリールも回ろうとしません。
なんでかな?
 
とりあえずカセットを取り出さなくては…。
 
ところが、イジェクトレバーを操作しても引っかかりがあり、カセコンの扉が開きません。
ピンチローラーアームの戻りもグリースの固化によって悪くなっていますが、なんとか鈍~く下がります。でも、カセコン扉は開きません。
 
なんか引っかかっている。これはおかしい。
内部をのぞき込んでみると、
 
 
 あ~あぁ…。
 
キャプスタンにテープが何重にも巻き付いていました。
 
大量にテープが巻き付いた結果、キャプスタン径が大きくなってピンチローラーとの隙間が無くなってアンロード時の通り道がなくなり、テープ保護フタも収まらなくなっていたのでした。
エルカセットの仕様をご存知の方なら判ると思いますが、VHSカセットのように、カセットハーフにはピンチローラーの動きに合わせて開閉するテープの保護カバーがあります。これが収まらないとカセットコンパートメントの枠にぶつかって当然カセットは取り出せません。もっとも、それ以上にテープが大量にキャプスタンに絡みついていますから、どのみち、無傷での取り出しは無理そうです。
以前、デッキを修理していた時、テイクアップリールのトルク調整が不十分で小さいために、キャプスタン以後のテープパス上でテープがダレ、それをピンチローラーが引っかけてテープをキャプスタンに大量に巻き取ってしまう、という現象がありました。
一度巻き付いてしまうと、キャプスタンがテープ巻き上げ機構に変化してしまい、あっという間にテープを大量に巻き取ってしまうことがあります。
今回修理しようとしているデッキも、おそらく同じよう事が原因かも知れません。仕方がないのでケースを外します。
カセコンのドアが上側ケースと一体になっているようです。ケースを外したいのに、カセットを取り出さなければなりませんが、カセットを取り出すにはケースを外したい…どうしましょ。
 
仕方がありません。キャプスタンに巻き付いたテープはどの道もう使えませんから、いっその事、切ってしまいます。
 
これが、巻き付いていた分のテープです。相当な圧力で張り付いていたのでしょう。写真中央には、磁性体が完全に剥がれて透明になった部分も見えます。何分分でしょう、3m程とすると5分程度、少々もったいない気もしますが仕方ありません。
それにしても、相当な圧力で長い間巻き付いたままだったんでしょう。キャプスタンにもガッチリと磁性体がこびりつき、IPAでの清掃も簡単ではない程でした。
キャプスタンのトラブルが無くなりました。まずは一段落。
スプライシングテープでテープを修理して…バラックのままとりあえず動作確認です。
 
 
テイクアップリールが動きません。
 
と、ここでこの機体のテープ巻付き理由が判明しました。要するに、テイクアップリールが回っていないために、キャプスタンから送り出されたテープの行き所が無くなり、キャプスタンに巻き付いた訳です。
早送りと巻き戻しは問題ありません。遊星タイプのアイドラは問題ないようですが、全体的にトルクが足りない気が…。スリップアイドラの圧力不足ですかね?
では、再生時のテイクアップリールが回転しない原因はなんだろう?
 
 
これでした。
 
写真では見づらいのですが、ゴムアイドラの肉厚が経年劣化で縮んで直径が小さくなり、リールハブと隙間ができてしまい空回りしています。というか、全然接触していません。手で回せちゃいます。これじゃ、テイクアップリールが機能する訳がありません。とりあえず、0.5mm厚ほど厚くしました。
再び再生。
 
おっ、動きました。
故障部分の原因究明は、これで完了です。このトンネルを抜けた時のような気分、何度経験しても楽しいものです。
内蔵スピーカーからは、前オーナーが録音していた音楽が再生され始めました。ん~、シャンソンのようですが、流石にこの分野は詳しくないので…。
 
ということで、一応動作することが確認できたこの機体、テイクアップリールの回転不良が原因でジャンクの仲間入りをしてしまい、そのまま何年も眠り続けていたのかもしれません。

エルカセット / ELCASET EL-D8

デンスケタイプのエルカセットも入手してみました。

エルカセットデンスケDDと言います。

ただでさえ発売された機種が少なかったエルカセット規格の機器の中で、唯一の“デンスケ”タイプで、規格策定に参加したTEAC,Technics(松下)からも発売されることは無かったと思います。

1978年頃に発売されたこの製品のデザイン上の特徴と言えば、何と言っても丸いレベルメータと回転ノブ式の操作系でしょう。
プロ用のNAGRA にその測定器っぽい形の製品がありましたが、それをエレガントにしたような感じです。
と言うより、オープンリールタイプの『TC-5550-2』という機種がありましたが、このEL-D8 はそのデザインを踏襲した兄弟機のような関係です。操作ノブなんか全く同じです。有名な『オーディオの足跡』(http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/player/el-d8.html)様のホームページで当時の仕様を確認すると、大きさもほぼ同一で重量だけが1kg軽い5.8kgです。元々コンパクトカセットより大きいエルカセットのポータブルデッキですから、既に大きく重いです。この時代、重量派の製品には、それだけで音質の良さを代弁しているような要素がありましたが…。

デザイン上の大きな特徴である丸いレベルメータは、これ以降のカセットデンスケのデザイン上の特徴として、ロングセラーになったTC-D5/D5M へと受け継がれ、さらに現代のデジタルデンスケ『PCM-D1』で再現されているようです。

 

エルカセット / ELCASET EL-7

ELCASETってご存知ですか?
 
知る人ぞ知る、というか典型的な“企画倒れな規格”風のテープデッキ(おぉ死語だ!)です。
 
発売当時は中学生でしたが、どうせなら王道に、とオープンデッキの方を購入することになり、それきり忘れていました。
こんな人が多かったのでしょうか? 数年で消えてしまった製品カテゴリーです。
 
つい先だって、なぜか突然エルカセットって入手できるのか?と思い始め、例の競り場で入手してみました。
 
 
 
何しろ30年以上も前の製品です。とっくにソニータイマーが働き、グリースが固まって動きません。

ということで、早速修理開始。

 
今回修理する機種は、SONY EL-7という最上位機種です。1976年6月21日発売、定価198,000円。
ソニーからは他にEL-5 / EL-4 があり、ポータブルタイプ(デンスケ = これも死語じゃん!)の EL-D8も発売されました。
 
この機種は、ELCASET規格のフラグシップだけあって、クローズドループ・デュアルキャプスタンの機構になっています。
象徴的なテープローディング機構としてのキャプスタンアームが、グリース固化によって全く上昇しません。
 

駆動用の大きなソレノイドは元気よく「カツン!」と動作しているので、明らかにリンク機構を伴ったメカ系の故障です。

電気系の故障はやっかいな場合がありますが、メカニカルは丁寧な清掃で大抵は治るものです。