NECマイコンクラブの会員証

昔の色々な資料を探していたら、こんなものが出てきた。NECが秋葉原・ラジオ会館7Fに「Bit-INN」を開設した頃、NECマイコンクラブという、ユーザー支援を兼ねた会員組織も立ち上げたが、その会員証である。

NECマイコンクラブの会員証

当時TK-80はすぐに買えなかったが、その雰囲気だけでも知ろうと加入し、結局クラブ解散となる1986年まで続けていたように思う。

ついでに、先日閉鎖されたラジオ会館を最後に訪れた2011/6の写真から、「Bit-INN」のあった場所などを…。

元・Bit-INN

この場所に限らず、最後にはほとんどのスペースがいわゆる「ホビー系」の店になったのだが、秋葉原文化のメインストリームが大きく変化したことを象徴している。

上の写真の場所を右に向いた所。右の壁にあるのが、後に掲示された「パーソナルコンピュータ発祥の地」の記念プレート。ラジオ会館解体後、これはどうなるんだろう。

フロアは違うが、ラジオ会館ビルの特徴である、クロス型の階段室。

左側の壁にヒビの補修跡が沢山あるが、どの階もかなり修繕されていて、しかも新しい。おそらく3/11の大震災による影響。鉄筋RCビルの階段室は地震による揺れの影響を受けやすいが、これだけのヒビが入ってしまうようでは、建て替えは当然だろう。

最後に、一応お決まり構図のラジオ会館ビル正面。ラジオ会館正面

全く知らなかったのだが、8/12-14に納涼祭と称して、最後に内部が一般公開されたらしい。

TVゲームの元祖? AY-3-8500

相当久しぶりの更新だ。

久しぶりという意味では、この写真のLSIもそうだ。約30年ぶりに我がJunkBoxから発掘された一品である。

名前を 「AY-3-8500」という。何のLSIかというと、GI社(General Instruments) が発売したTVゲーム用のものである。

では何がPLAYできるのかというと、「テニス」「サッカー」「スカッシュ」「ライフルゲーム1 ,2」「プラクティス」の6種類。しかもモノクロ!。 2つ写っているうちの片方の「AY-3-8615」は、このモノクロ出力を擬似的にカラー化するためのエンコーダーLSIである。

1975年頃でしたかね? 一世を風靡しました。様々な会社から製作キットが発売され、Atari社やTandy RadioShack社などのセットメーカー等からもターンキー製品として発売されましたっけ。

基本的な考え方はパドルゲームなので、それを動かして、ボールを打ち合うだけのシンプルなもの。ライフルゲームは、光電センサか何かで画面を流れるターゲットを検出して撃ち落としたことにするという、たったそれだけ。なのに、大ブームになったのだった。

GI社TVゲームLSI AY-3-8500

基板も保存していました。

ちゃんとガラスエポキシ基板仕様であることから、「ウェーブキット社」(ミュージックシンセサイザのキットで有名だったかも?) で発売されたキットかもしれない。

周辺の部品を取り付ければ、今でも動きそうだ。こんどやってみよう。

ゲーム基板

ゲーム基板

産総研 オープンラボ見学

10/14~15に恒例の、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研:AIST)のオープンラボに行ってきた。

http://www.aist-openlab.jp/


普段はそう簡単に見られない研究施設や、研究者とのコミュニケーションができる興味深いイベントだ。興味分野にもよるけれど、敷地も研究領域も広く、とても一日では見切れない。流石に日本の産業技術を代表する組織。

これは確か一番古くからある研究棟だったかな?電総研時代によく登場した建物かも。

敷地内の比較的奥まったある場所には、こんな木がある。

今は産総研と名乗っているが、前身は電子技術総合研究所だ。都内から筑波に移転した頃は、確か超伝導やらジョゼフソン素子などの話題でもちきりだった。

まるまる2日間、愉しませてもらいました。また来年!

フルーツケーキのCD再リリース!

1980年代半ばのミュージックシーンは、フュージョンブーム。カフェバーが流行り、そこに重要なBGMとして登場したのが、彼ら「FRUITCAKE」だ。サウンドサンプルし易いメロディーラインのためか、ジングルやSEとして、日本中のラジオ局やTV局御用達となり、そこら中で流れた。

当時はCDの黎明期で、彼らのアルバムは確かLPしかリリースされなかった。数年後、CD版が発売されたが、以後、フュージョンブームの終焉となり、一切再版されず幻のアルバムとなっていた。ある一定年齢以上には、それこそ耳タコになるほど世の中に流れた曲ばかりだったので、コレクターズアイテム化していたようだ。Yahoo!オークションでも一時期は、2万円前後の高額で取引されたほどだ。
それを見越したのか、ついに彼らのアルバム3枚が再々発売となった。初回生産限定との事なので、しっかりamazonにて予約しておいたのだが、嬉しいことに発売予定日前日の今日到着!。

いやぁ、懐かしいな~。あのバブル期の浮ついて妙に明るい時代が甦る!!!

FRUITCAKE

フルーツケーキのCD 再発売の3枚

東京スカイツリー

いつの間にか390mhになっている東京スカイツリー。
これは、東京ドームシティの観覧車(ビッグオー)からの眺めですが、はっきり「ニョッキリ」見えます。
 
なんか、グリーンアスパラみたいだな。
 
 
こうして、遠くからも高く見えるようになってきました。
 
 
あと1.6倍の高さになるということは…
 
 
高っ!! そりゃ目立つわ!。
 
 

意外と美味しいんで酢。

ここ1ヶ月の間に突如クローズアップされた黒酢(あぁ、さむいねぇ)。
震源地は、向谷実氏のUStream。きっと5/5のこどもの日の三軒茶屋周辺では売り切れ続出だったのかも。
 
 
最初はちょっと違和感があるけれど、癖になりま酢。
値段も1本100円程度とお手軽で酢。
 
なぜ、「なります」が「なりま酢」なんだ!? っと思う向きは、http://www.ustream.tv/recorded/6687111 辺りをどうぞ。
Ustream + Twitter でとんでもない企画が実行されたのでした。
 

カナヘビ

連休明けの土曜日の今日はまさに五月晴れ。
 
そんな五月晴れのお昼は…
 
 
 
カナヘビも日向ぼっこ日和と思ったのでしょう。
勤務先のエントランス脇に、突如登場していました。ちょっと珍しかったので慌ててカメラを取りにもどり、記念撮影。
 
最初は遠目にヤモリと思ったのですが、やけに長い尻尾なので調べたところ、ニホンカナヘビという種類でした。
この脇には小さな植え込みがあり、そこで生活しているのでしょう。
 
初めて見たのですが、体長20cmはあろうかという立派なカナヘビ君でした。
 

たまに ELCASET。日立LoDブランドのエルカセットデッキ D-9000

Lo-D(ローディ)とは、かつて存在した日立のオーディオ向けブランドです。
このエルカセットデッキは、『D-9000』という型番です。実態はソニーの EL-7 の後期モデルを種機としたOEM製品で、エルカセットシステムの発表から1年遅れた1977年7月に発売され、価格も EL-7 と同じ 198,000円でした。
パワースイッチなどのスイッチ類の意匠がオリジナルのEL-7と大きく異なる他は、ほとんど差異がありません。
写真のように、この時期のLo-Dブランドの製品と同じデザインのスイッチ類が採用されていますが、レバー式のパワースイッチはどんなもんでしょう???
録音中に、つい引っ掛けてパワーオフとなり「あぁっっ!」となった人がきっといたのではないかと想像します。他のスイッチならともかく、パワースイッチにお手軽なレバー式を採用する心は理解できません。いわゆるフェールセーフの心が足りません。
余談ですが、この EL-7 を種機としたエルカセットデッキには、E4950という型番でドイツのWEGA社(実態はソニー)からも発売されました。

日本丸 二世

東京ビッグサイトのイベント帰り、ふと西館裏の「有明西ふ頭公園」方面を見ると帆船のマストが…。
おや、こんな所に帆船?
日本で帆船と言えば、“日本丸と海王丸”という事ぐらいは知っているので、俄然気になってきた。
ということで近づいてみる。
おぉ~、まさしく「日本丸」!。
 
 
いやぁ美しいなあ、初めて見る実物。
横浜・みなとみらいにある初代日本丸とは比べ物にならないくらスマートだ。
初代より航行性能が上がったと聞くけど、素人が形を見ただけでも分かる位、その容姿が示している。
 
 
 
 
 
それにしても沢山のロープ。
ブームも長いから、真下からとってもこんなにはみ出ている!
 
 
 
そして今まさしく修繕中のようで、時折グラインダーの音がしていた…。
ふと土手を見ると、なんと桜が一本咲いている。もう開花?
この桜、「ヨコハマサクラ」というらしい。ピンクが濃いめで、記憶色のサクラ色そのもの。
では、どうせなら、越しショットで「サクラと日本丸」。
花粉日和の、穏やかな弥生の光とともに。
 
 

や~、幸せだな。こんな瞬間って。
おまけに野良猫まで幸せ。
 
 
 
最後に有明運河と日本丸と航空機で一枚。夕方を迎えようとしている臨海地区の風景でした。