エルカセット のカタログ 初版?

エルカセットの試作機?

最近、オークションでにわかに高値がついているエルカセットですが、昔の資料の中から、こんなもの↓を見つけました。
 
 エルカセットを知っている人なら、「あぁ、SONY EL-7」とお思いでしょうが、よ~くご覧ください。微妙に違います。スイッチの数が少ない…電源スイッチの下がすかすか…なんか変ですね。
 
よく見ると、左上がSONYロゴだけで型番が“のっぺらぼ~”です。そして何よりもVUメータ下のテープセレクトSWのところが、ただのランプになっていて、エルカセットの本来仕様である、テープ種類のオートセレクト、ドルビーON/OFFのオートセレクト機に見えます。
 
たぶん、オーディオ雑誌かFM雑誌に掲載されたものかもしれませんが、自分でも変な写真だと思ったのか(記憶は全くありませんが)、ここだけ切り抜きで保存してありました。
うっすらとした記憶では、その掲載雑誌には「EL-4」として紹介された写真だったように思います。もちろん、実際のEL-4は確かにオートセレクトタイプですが、フェザータッチの操作ボタンでもなく、ドルビーのCAL機能もないもっと単純な、寂しい面構えの製品です。
 
これって、どの段階の試作機なんでしょう?

エルカセット 小さな話題 (久しぶり…)

某オークションで入手した、ELCASETロゴのネクタイピン。
今どき、ネクタイピンなんて殆ど存在価値を失っていますが、この時代は、ギフト商品としての価値もあったんでしょうね。
 
 
裏側には、“ELCASET発売記念”と書かれています。
 
 
数十年前のかすかな記憶が蘇りますが、確か、雑誌のプレゼントか何かだったんではないかなぁ~?と。
FMレコパル(これも古い!)のプレゼントに応募したような、しなかったような…。ま、今更入手している位ですから、当選しなかったんでしょうけど。
 
それにしても、システム規格ロゴをわざわざネクタイピンにする辺り、やはり気合いが入っていたんですね。
 
 

鮎やき

東急東横線の多摩川駅近くにある【鮎やき】と大書きされた看板、東横線下り方向左手の多摩川鉄橋に向かう急カーブの外側にありますが、昔からずぅ~っと気になっていました。
 
多摩川で鮎? 塩焼き? どうもイメージが湧きません。
 
そして、もう20年位は手が入っていない(と思われる)看板、“鮎やき”。昔は墨痕鮮やかに見えていたんですが、だんだんと薄くなって…。
 
 
 
駅前にあった多摩川園遊園地も1979年(30年前!)に閉園 → 東急が運営する多摩川園ラケットクラブ(テニスクラブ)になり → 2000年頃に東急の経営悪化でつぶれ→ 大田区立公園になり…それをなぞるように駅前が寂しくなってしまいましたが、鮎焼きのお店は2件が健在でした!
 
もう一軒が、奥の方向にありますが、味のある雰囲気のこちらのお店を訪れました。
 

そして、見つけたのは?

丁度焼きたての【鮎やき】がずら~っと!

慣れた手さばきで鮎やきを焼いていた、この店のおじさんと暫しおしゃべり。

とっても人の良さそうな、ご主人とそのお母様でしょうか?由来などを色々教えてくれました。もう80年、この地で鮎やきを売っているそうです。そう、昔はこの辺りの多摩川に鮎が沢山いたらしいです。鮎やきとは、それに因んだお菓子ということでした。

 

『折角だから、焼きたてをどうぞ』と勧めてくれましたので、お言葉に甘えて、焼きたてホカホカを10匹(10個???)ほど買いました。

それにしても、いい香りです。このまま持ち帰るんじゃ芸がないし勿体ない、暖かいうちに食べてみることにしました。

    ぷらぷら歩いて多摩川の土手へ…。

微妙に曇りの空でしたが、合わせるように急に夕日が差しました。

それでは、いただきます~

 

いやぁ、初めて食べたんですが、これ『やけに美味しい』です!

作り方や素材は、鯛焼きと全く同じなんですが、鮎の姿になぞらえた細身の皮にマッチするように、甘さ抑えめのアンコとのバランスがとても素晴らしい!

元々甘党じゃないんですが、一気に5匹分食べてしまいました。

 

そうしている内に、なんか暖かさと鮎やきの香りに誘われたんでしょうか? 足下にガマガエルが登場!?

 土手をのそのそと登って行きました。

 

ということで、小春かな4月のある夕方でした。

 

カリフォルニア・アシカ

上野動物園の、カリフォルニアアシカの親子。
 
閉園間際、動物たちもほっと一息タイムで、親子水入らずの風景。
 

子沢山の“カコ”。カリンに授乳中ですけど、な~んか、笑っているようにも見えませんか?

 

寛永寺の五重塔

寛永寺の五重塔ですが、上野動物園の入門ゲートあたりからは、晴れた日の夕刻には町中とは思えないほど綺麗な景色が見られました。
 
しかし!、
 
不忍池の反対側(池之端側)にタワーマンションができてしまい、その風景も台無しに…。
無理矢理フレーミングアウトして撮った写真ですが、右端にかすかに見切れているのがソレです。
 
なんか、こう、無理矢理割り込んでくる建築物は、それが存在しているだけで気分が悪くなります。
 
賛否がありますが、私にとっては京都駅ビルがその最悪な代表と思ったりします。アレができて以来、東海道新幹線で京都を通過する度に吐き気がするのです。
 
 

サーラー・タイ

久しぶりに訪れた上野動物園。
リンリンのいなくなってしまったパンダ舎には、レッサーパンダ達がいました。
 
そして、とても身近に見やすくなったゾウ舎の前の広場には、異国情緒漂う建物が、いつの間にか登場!
 
 
夕日を受けて、黄金に輝き、そこだけまさに浮き立つような景色になっていました。
これ、サーラー・タイと言うそうですが、なんでここに???
 
銘板を見ると、日タイ修好宣言調印120周年で、タイ政府から寄贈されたとの事でした。
アジア象舎の真ん前ということで、ここだけアジア!。